ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言39。時のゆりかご 桐無垢(きりむく)

 2003年3月に埼玉県春日部市の蠑湘超揚△鯔問して、ワインレッドの「時のゆりかご」のBOXを制作して貰うことが出来た経過は「オヤジの独り言13」で既に報告している。
 実はその時の試作では、塗装用のMDF木地のものと桐素材のものが制作されていたが、MDFはワインレッドに、桐素材はクリアが塗装され、ワインレッドは半艶の非常に美しいフォルムで一目ぼれしてしまったが、桐はピカピカしてなんとなく重みがなく、全員の目がワインレッドに注ぎ込まれて、あえなく桐はお蔵行きとなってしまった。

 塗装は岩槻雛人形の装飾品の塗装など、木質系の塗装を得意とするM工芸のS氏に先代の松田社長から依頼してもらい、ワインレッドは2006年6月まで制作されたが、茶色い文字盤のタイマーが廃盤になったのをきっかけに、シルバーメタリックの塗装に変わった。
 昨年の5月頃よりS氏は体調を崩され制作台数が極端に落ちたのだが、他の塗装業者に依頼してもまったく違う質感の仕上がりで納得できるものではなく、S氏の制作ペースに合わせて制作・発送することに決めた。
 現在はオークションなどの露出量を極端に少なくして調整しているのだが、2ヶ月近くお待ちいただくことになってしまい、大変申し訳なく思っている。

 昨年12月、桐素材をまな板・名刺入れ・カレンダー・弓道の矢筒など積極的に製品化している今の松田克成社長に、桐の素材を生かして「時のゆりかご」を作れないかと相談したところ、しばらくして、先代の社長のそれとはまったく違う「時のゆりかご」のBOXを作り上げてきた。

 まず最初に驚いたのは、桐の木目がはっきりと、しかも緻密に模様を描いていること。
 今までも仕事柄からホームセンターで桐の板を購入して、いろいろな目的に使用してきたが、ここまでハッキリした木目の板を見たことはなかった。
 松田社長にその話をしたところ、ここまで木目の決まった板は国内でも簡単に入手できず、木目がほとんど見えずアクの抜けきれていない中国製の桐板に、市場は押されているのが現状とのことであった。

 この桐無垢を見ていると、私の父が持っていた将棋の駒入れの木箱や掛け軸の木箱の木肌を思い出した。
 BOXの表面を見ていると、木目が細かく、渦を巻き流れる川の水面のようにも見えてきた。
 
 ついに、「時のゆりかご」もこの「桐無垢」で落ち着きを持ち始めたように感じた。
 そして、軽さに素材の良さを感じ、BOXの裏側に蝶番がないことに驚き、精度に技術の高さを感じさせるものが出来上がった。

先代の松田社長もきっと目を細めて見ているに違いない。

(善)’08.5.17

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU