ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言7。チャージ方法いろいろ

時のゆりかごを購入していただいたお客様から、数多くパワーチャージの報告をいただくが、その中には私が考え付かなかったようなチャージ方法を検証し報告される方がおられるので、原文のまま紹介する事にする。

「どうも私のデイトジャストの場合、時計用のスポンジにまっすぐに時計をセットすると巻きあがったり止まったりという感じでしたので、色々向きを変えてみました。
その中で、スポンジの左上から右下に向けて斜めにセットして、ゆりかごにおいてみましたところ、数日使わなかったときでも止まらずに動くので、この状態でしばらく続けてみましたが、今日までの間ずっと大丈夫です。」
(ご婦人でデイトジャスト3本内の1本、他の2本は問題なく標準セットでチャージ)

「ロレックスデイトナですが、ほぼ文字盤が水平方向でバンドの向きがゆりかごの短い方と並行になる様に、文字盤はほぼ中央の位置でチャージできました。
(結局オーバーホールはしていません)

デイトジャストはバンドがゆりかごの長い方と並行になるようにおいて、中央でなく一番はじに置いたときチャージできました。(真ん中ではなぜかチャージできないようです)」
(来房され、聴診器確認でリバージングギアの音不明瞭、デイトジャストはレディース)

「ジラールペルゴGP4900について調べてみたところこの時計は最低でも14時間以上はチャージしていないとダメだと判りました。(取り扱い説明書に14時間以上身に付けなければならないと記載されているそうです。)
先週より「時のゆりかご」のチャージ時間を12時間+2時間の設定にして(Settingは通常の時計と同じ向き)様子を見ていますが、GP4900は止まらず動いております。」
(6時間の駆動で10時間程度のチャージ、2倍駆動してみるという連絡後の報告)

「いろいろ試して見ましたが、12時方向を上にすると巻き上げるようです。
同じORISでもいろいろあるのですね。
12時方向を上に向けスポンジも縦に使うとベルトの重さでスポンジがたわみ、時計もぐらぐら動き安定感がありませんでした。
そこで、スポンジを2枚横に重ね、ベルトのたわみをなくして置くことにしました。つまり通常のスポンジの置き方でそれを2枚がさねにし厚みを出して、そこに時計ベルトを縦に回す方法です。」
(事前の報告・相談はなく経過は不明)

 取説のセット方法でチャージしない場合の参考にしていただきたい。

善(’04.10.26)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU