ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言54。おやじの現況報告

久々に、ゼンクラフト:尾崎の報告をさせていただくことにする。
時のゆりかごは既報通り2014年4月に株式会社松田桐箱に事業継承させていただいた。
押したマンマは2016年3月に、このサイトの管理を依頼している有限会社オリエント工房に委譲した。

2016年4月にさいたま市大宮区から、群馬県前橋市に転居した。
理由は本格的な老後の生活準備のためだが、月の半分は薬剤師の仕事もしている。
今月はまだ前半なのに、時のゆりかごを3台修理したが、異物挟み込み除去1台、フルメンテナンス依頼1台、2004年制作のワインレッドで駆動モーター2回交換の猛者もいた。

オヤジの独り言53で語った新開発の商品は、家電メーカーには医療機器としての理論が理解できずハードルが高かったようで、残念ながら頓挫している。

現在、小生のパソコンラックのわきに、時のゆりかごのニューバージョンで縦型プロトタイプが、健気に毎日スウィングしている。
この縦型ニューバージョンの製品化を模索していたが、群馬県産業支援機構のよろず支援拠点という県の組織にチェックをしてもらった。

よろず支援拠点では弁理士や商業デザイナーなどの専門家が対応していて、
1)特許に関しては基本的な考えは押さえられていて、新たな特許取得は要らない。
2)国際特許に関しては、現在の理論が公知されているので、考えなくても良い。
3)基本的な機構は完成しているのだから、デザインプランの意匠登録が有効であろう。
4)若干の改良点や修正点はあるが、大きな問題点にはならない。
5)事業継承社への確認と製品化や製造販売する企業の募集を行うことが急務であろう。
との指摘があった。

基本的な位置づけは、現行の「時のゆりかご桐無垢」とは異なり、プラスチックを多用したバージョンとなるだろうが、国内だけではなく海外への展開も十分に期待できるものである。
スウィング方式自動巻き腕時計のパワーチャージャーは、世界でも唯一無二な存在。
事業展開を検討される企業がありましたら、是非ご一報いただきたいと思う。

(善)’16.11.11

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU