ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言19。パワーチャージ不足の原因

 1週間ほど前に「時のゆりかご」をお届けした広島のKT様から、他の腕時計は快調にチャージしているが、1本どのようにセットしてもチャージしないので、セットのヒントがあれば教えて欲しい、というメールが届き次のように回答した。

 『ご質問の件ですが、チャージをまったくしないのか?チャージはするが翌日のスウィングまで持たないのか?により判断は違います。
 翌日まで持たないようであれば、先ず、時間の延長を行ってみてください。
 通常のコンディションであれば6時間のスウィングで30時間、つまり時間あたり5時間分はパワーチャージしますが、8時間のスウィングで翌日までつながったとすれば、8時間で16時間のチャージしかしないということで、時間あたり2時間の自動巻上げ機構のコンディションということになります。
 「時のゆりかご」のスウィングは腕よりもシンプルでゆっくりしていますので、そのような症状の判定にも使えます。
まったくチャージしない場合は、リバージングギアの位置や向きがスウィング角度内にない場合なのですが、これはすでにT様が色々なセット方法で試されておりますので、その点の問題ではなさそうです。
 ローターの動きを分かりやすく表現しますと、おもちゃの自動車を板の中央に乗せて、板を傾斜させたときと同じで、すぐには動き出さずワンテンポ遅れて動き出します。
ローターが腕の動きにすべて反応しないように、動きを若干抑えてあります。
 その時間は1秒もかけていないのですが、毎分10回のスウィングは1往復6秒で、3秒で切り返しが来ますので、仮に1秒後に動き始めるとしたら2秒後には切り返しを受けて、十分なスウィングが出来ませんので、結果パワーチャージ不足かチャージしないということになります。
 この状態のローターの動きは、「渋い」ということになります。
 時計のコンディションには、ムーブメントのコンディションと自動巻上げ機構のコンディションがあり、前者はシンクロメーターなどで客観的にチェックでき、修理の際も確認していると思いますが、後者は今までチェックの方法が無く「ゆりかご」で始めて分かったケースが比較的多いです。
 この「ゆりかご」のお蔭で腕時計の自動巻機構の組み立てミスが見つかり新品に交換された例や、OH時油脂を多く注し過ぎたことが発見され油を抜いて復調した例など数多く報告されております。
 OHの際、他の時計は問題なくチャージされているのですから、その点も良く説明されれば技能士も絞り込んで修理に当たれると思います。』
というものであった。

広島県のKT様には了解をいただき、「オヤジの独り言」に載せることにした。

善(’05.12. 2)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU