ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言18。回転式は薬?スウィングはサプリ

 先日、「時の観覧車」のプロトタイプをご覧になる目的で、来房された方が初めて来られた。
 今までは、「時のゆりかご」の購入でおいでになる方だけだったので、工房の奥のテーブルで回っている「時の観覧車」を一瞥(イチベツ)する程度、何とも張り合いが無かったが、ようやく認めてくれる人のお出ましとなった。
 
 「ホームページの比較表も見たのですが、回転方式というのは使用が難しいという印象なのですが。他のワインディングマシーンではそこまで書いてませんよネ」それに「自動巻には回転方向と巻上げ回数があることは分かっていますが、それもメーカーの取説には書いてありませんよネ」

 来た来た、直球でいい質問だ!

 回転方式のワインディングマシーンというのは、いわば医薬品と同じ。
 1日の服用量や服用回数が決められていて、それより少ないと効果は出ないし、一回量を勝手に増やすと強く効果が現れたり、副作用が出始めるのと似ている。
 腕時計の場合は、回転数が少ないと翌日まで繋がらないし、余計に回転を掛けすぎると、ボディーブローのように慢性毒性が現れてくると考えていただきたい。
 
 医薬品の中には、薬効量と危険量が接近していて、入院して医師の管理下で検査数値を見ながら投薬させるものもあるが、小生が知る限りワインディングマシーンの中にも、本当に時計のことを考えているか疑いたくなる危険度の高いものもある。
 巻上げ能力は高いのだから、腕時計の個々の特性に回転方向や回転時間を合わせてやらないと、時計にとっては迷惑ということにもなりかねない。
 腕から外した時計をセットして、スイッチONという簡単なものではない。
 本来しなければならない注意義務の啓蒙は、作り手・売り手のモラルの問題でしょ。
 小生の開発した回転方式の「時の観覧車」は、薬効量と危険量の間を極力広げて、色々なタイプの腕時計に応じられるように配慮している点が大いに異なる。

 スウィング方式の「時のゆりかご」はと言えば、これはビタミン剤などのサプリメントと同じ。
 サプリは摂取量が多すぎても個々の人間が必要とする量は決まっているので、余った分は尿中に排泄されたり、肝臓で分解されたりする。
 スウィング方式の場合も、香箱のゼンマイがフルチャ−ジされていれば、次の反転のときにラチェット機構の働きで必ず力が抜けるので、腕の環境とまったく同じ。
 
 かく云う小生は薬剤師であった。

善(’05.11.22)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU