ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言5。なぜスウィング方式(2)

 この間、工房にお越しになったお客様から、「なぜ、スウィング方式にこだわるのか」と聞かれて、ラチェット機構のこと・ローターの動きのこと・直流ステップモーターの帯磁性のことなどを一生懸命に説明したが、今一納得がいかない様子でお帰りになられ、チョッと口惜しい思いを感じた。

 そこで、すでに回転方式のワインダーをお持ちの方にはよく納得できると思い、市販のワインダーの動きから検証することにした。

 ワインダーに腕時計を装着して、時計方向に回転しているときには余り気にならないが、逆回転になったときに、秒針の動きが重くなったように感じた方も多いと思う。
 秒針にとっては、人が電車の中で後ろ方向に歩くときはさほど感じないが、進行方向に歩くときにからだの重さを感じよろける様な感じに似ており、秒針や他の歯車に掛かるモーメントよりも、繊細な動きのテンプには大きなモーメントとして反映されると思う。

 スウィングの場合は腕の装着と同じ動きで、プラス・マイナスのモーメントが短時間に切り返され、しかも毎分10回(片方向:5回/分)という非常にゆっくりしたスウィングであり、長時間同じ方向に回転し続け、ムーブメントに負荷を与える方式とは大きく異なる。

 以前、クロノメーターの国際規格を調べたが、8℃1日・23℃13日・38℃1日の環境下で、5つの姿勢にして15日間の平均日差が−4〜+6秒以内が合格基準になるとのことで、温度環境もさることながら姿勢によるテンプ・歯車・ゼンマイに掛かる影響が大きく、時間の誤差に現れてくることが分かる。

 その点ではパワーチャージをする方法としても、ムーブメントに大きな物理的モーメントを与えないことが理想であり、小生が「回転方式」ではなく、あくまでも「スウィング方式」にこだわり続ける主たる理由の1つである。

 ようやく得心の行く説明ができた?ように思う。
 この独り言は先のお客様にもメールで送ることにしよう。

善(’04.8.23)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU