ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言35。PSEマーク ついにGet!

 今年の正月から「オヤジの独り言」をつぶやかずにいた為、来房された方々やメールなどで、「最近出されていませんが?」という問合せが相次ぎ、気になり始めていた。
 つぶやく事柄はたくさんあったのだが、「間違いだらけのワインダー選び」の出版準備に追われて気ぜわしく、気持ちが乗らなかったのが正直なところである。

 お蔭様で、「間違いだらけのワインダー選び」は2月20日にすべての校正が終了して3月末に出版ができることになった。
 21日からは、その本にも掲載しているのだが、「時のゆりかご」「時の観覧車」のPSEマークを何とか取得したいと思い、その作業を開始した。

 簡単に、PSEマークといっているが、正確には、経済産業省の電気用品安全法に基づく絶縁耐圧検査の承認証で、大手の電機メーカーはいとも簡単に取得しているが、零細工房では難渋する検査であるし、「仮に検査に合格しても、450の指定品目に入っていない製品なので、申請は受理しない。」とすでに何回か門前払いされているので、気が重かった。
(詳細は「間違いだらけのワインダー選び」PSEマークについて:P.101、に記載)

 2月23日に「時のゆりかご」3E型ワインレッド・4E型シルバーメタリック・「時の観覧車」NS型、ともに1000ボルト1分間の絶縁耐圧検査にパスすることが出来、半分は脅しの気持ちも込めて、関東経済産業局の担当部署に長文の手紙とともに申請書を送った。

 2週間後に製品安全室の女性担当官から電話があり、開口一番「お宅が昨年提出している電気事業者の届けは中古用品取扱者のもので、電気製品製造業者は別ですので出し直しが必要です。」と軽くカウンターパンチを喰らった。
 その上で、腕時計の巻上げ装置という品目はないが、小生が提案している「その他の電気機械器具付家具」に適合するかどうかの内容聴取があったが、腋の下に汗が出るのを感じ、久々に緊張した時間を過ごした。
 結果、「時のゆりかご」は保管庫として、「時の観覧車」は台?として、申請書を受理するかどうかの検討に入りますので、訂正書類と新規に提出する書類を指示しますから提出してください、という心温まるお言葉をいただくことが出来た。

 そして、「2006年3月12日 関東経済産業局 製品安全室 受付」という印鑑の押されたありがたい通知書が送られてきた。
 それにしても、今までは役所に出向かなければすべてことが進まなかった筈なのに、電話と郵送だけで物事が収められるのは規制緩和のおかげなのか、肩透かしを食らったようで少し戸惑いもある。
 現在は、3月13日に製造した「時のゆりかご」から、ボックスの裏に貼付しているラベルに晴れがましく「PSEマーク」を刷り込み、修理などで戻るものにもマークを貼る準備をしている。

 ことの始まりは「オヤジの独り言22」にも記載しているので、是非ご覧いただきたい。

善(’07.3.16)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU