ZENCRAFT トップ時のゆりかご > 取扱説明書
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
時のゆりかご

取扱説明書

■セッティングの方法、動作の確認

  1. 輸送のために使われている梱包材料をすべて取り外してください。
  2. フタを閉めた状態でプラグを家庭用の電源コンセントに差込んでください。
  3. 左側にあるタイマーのキャップを取り、文字盤を現在時刻に合わせてください。
    文字盤は24時間になっていますので、午前・午後を間違えないようにしてください。(詳しくは同梱の「くりかえしタイマー取扱説明書」をご覧ください。)
  4. タイマーは出荷時午前10時より午後4時までの6時間駆動するようにセットピンが設定されていますが、現在の時刻がその時間内にある場合は、トレーがスウィングを開始します。
  5. 現在の時刻が上記の時間内でない場合は、文字盤の左上にある切り替えツマミを回し「入」にして、トレーがスウィングすることを確認してください。
  6. トレーがスウィングしている事が確認できたら、更に切り替えツマミを回し「切」にしてスウィングを止め、フタを開けてトレーが自動的に水平位置に戻ることを確認してください。
  7. タイマーは家庭用電源で作動していますので、プラグは常時コンセントに差込んでおいて下さい。

    ●スウィングと水平位置復帰が出来ない場合は、再度2〜6を繰り返していただき、万一作動しない場合は工房へご連絡ください。

■タイマー各部の名称と設定方法

  1. 家庭用電源のコンセントに「時のゆりかご」のプラグを差込む。
  2. タイマー左下の「電源」ランプ点灯を確認する。
  3. 「中央文字盤」外側の「分ツマミ」を時計方向に回して現在時刻を設定する。
    (その際、午前午後の区別を「外側文字盤」で確認する。)
  4. 「設定子」はスウィング希望時間の開始から終了までを連続して外側に倒し、希望しない部分はすべて内側に倒す。
    写真は現在時刻が午後10時10分(22時10分)で、設定子は出荷時の状態で午前10時から午後4時までスウィングするように設定されています。
  5. 手動スイッチは「自動」の状態で、プラグはコンセントに差し込んだままにする。
    • ■注意
    • 「▼現在時刻」の前後1時間は「設定子」を無理に動かさないでください。
      もし、動かす必要がある場合は「分ツマミ」を回して、「▼現在時刻」から離れたところで操作してください。
    • 「手動スイッチ」の入・切は現在の設定状態に関係なくON・OFFになりますが、テスト後は必ず「自動」の位置に戻してください。
    • 設定が終了したら、必ず保護カバーをしてください。

■「時のゆりかご」への腕時計のセット

  1. 腕時計は腕に装着する状態にして、添付されているスポンジを時計が左右の中央になる位置で挟み込んでください。
  2. スポンジを挟んだ腕時計の文字盤が左上を向くように、トレーのポケットにある傾斜部分と平行に奥深く装着してください。
  3. 腕時計がスウィングした時に脱落しないようご注意ください。
  4. ●同梱するパンフレット「ご注意ください」をご覧ください。

ご注意 腕時計が傾斜部分よりも垂直気味ですと、巻上げに必要な振り角が得られません。
腕時計が傾斜部分よりも水平気味ですと、ローターに適度な加重が掛からず振り子運動をしない場合があります。

取扱い上の注意

 1ポケットに腕時計1個の仕様で作りました。
無理に2個の腕時計を装着しますと、時計本体の擦り傷・飛び出し・挟み込みの原因になりますので、絶対におやめください。
仕様以外の取扱いに関しては、一切責任は負いませんのでご了承ください。

タイマーが切れたとき、トレーはゆっくりもう1回スウィングして水平位置で停止します。
その際、無理にトレーを止めたり、力を加えて角度を変えることは故障の原因になりますので、絶対におやめください。

トラブルシューティングへ

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU