ZENCRAFT トップゼンクラフト > オヤジの独り言
押したマンマ 時のゆりかご 時の観覧車
ゼンクラフト

オヤジの独り言21。2年ぶりの里帰り

 モーターの異音で問い合わせメールが来た。
 いつものように、ホームページの「修理・サポート体制」をご覧いただいて、再現性があることを確認して、時のゆりかごを送ってほしいとメールを返した。
数日後、送られてきたゆりかごの外観チェックを行い、電源を投入した途端にブーンというかなり大きい音が聞こえ、ホッとした。

 ホッとしたというのは、今までに15台モーターの異音ということで修理のための返送があったが、その内の3台は無負荷や最大810グラムの負荷を与えても異音が出ず、3日間夜は音感応のテープレコーダーでチェックしても何も録音されず、結局は修理をせずにそのまま送り返した経験があるからである。
小生としては、現象が出ないのにモーターを交換することはできず、断腸の思いでの返送なのだが、その3台のお客様からはその後どうなったかの連絡もなく、なんとなく気まずい思いを今も持ち続けている。

 今回の修理依頼で戻ってきたものは、2004年1月27日製造、末尾115番は丸2年目の里帰りで、以前17番も戻ってきたがこれは転勤に伴う周波数変更で約1年後に戻ってきたもので、丸2年間ほかの家庭で生活してきたゆりかごは始めてであった。
 スポンジも3個揃って戻ってきたが、四隅は大きさは異なるが削れていて、フエルトは多少の毛羽立ちはあったが削れている所はなく、これにもホッとしたと同時に、この状態ならご主人様に毎日使ってもらっていることが良くわかった。

 モーター交換も、現在の工法とは違っていて今の工具がまったく入らず、仕舞い込んであった古い工具での取り外しでは、久々にひじがビリッとしびれた。
 そうそう、この作業で右手の小指と中指がしびれ始め、医者からこのままでは尺骨神経麻痺になるので今の作業はやめたほうが良いと軽く言われ、すごく暗い気持ちになったことも懐かしく思い出した。

 短い時間であったが、自分の娘のようなゆりかごをなめまわすように磨き上げ、その日のうちに送り返した。
翌日、お礼のメールが届いたが、ブライトリングは標準で、グランドセイコーは縦位置で、デイトナは水平気味のセットで当たり前のように収まっている写真が貼り付けてあり、涙が出るほどうれしくなり、何度も何度も見返した。

 やはり、「時のゆりかご」は小生にとっては娘のような存在なのだと、いまさらながら思い知らされた。
 それにしても、あの3台はどうしているのだろうか。

善(’06.1.22)

オヤジの独り言54。
オヤジの独り言53。
オヤジの独り言52。
オヤジの独り言51。
オヤジの独り言50。
オヤジの独り言49。
オヤジの独り言48。
オヤジの独り言47。
オヤジの独り言46。
オヤジの独り言45。
オヤジの独り言44。
オヤジの独り言43。
オヤジの独り言42。
オヤジの独り言41。
オヤジの独り言40。
オヤジの独り言39。
オヤジの独り言38。
オヤジの独り言37。
オヤジの独り言36。
オヤジの独り言35。
オヤジの独り言34。
オヤジの独り言33。
オヤジの独り言32。
オヤジの独り言31。
オヤジの独り言30。
オヤジの独り言29。
オヤジの独り言28。
オヤジの独り言27。
オヤジの独り言26。
オヤジの独り言25。
オヤジの独り言24。
オヤジの独り言23。
オヤジの独り言22。
オヤジの独り言21。
オヤジの独り言20。
オヤジの独り言19。
オヤジの独り言18。
オヤジの独り言17。
オヤジの独り言16。
オヤジの独り言15。
オヤジの独り言14。
オヤジの独り言13。
オヤジの独り言12。
オヤジの独り言11。
オヤジの独り言10。
オヤジの独り言9。
オヤジの独り言8。
オヤジの独り言7。
オヤジの独り言6。
オヤジの独り言5。
オヤジの独り言4。
オヤジの独り言3。
オヤジの独り言2。
オヤジの独り言1。

ついでに、自己紹介。

(c)2006-2016 ZENCRAFT & ORIENT-KOBO

押したマンマMENU

ZENCRAFT MENU


旧製品

時のゆりかごMENU

桐無垢

ワインレッド

時の観覧車MENU